『道草』今日の物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠原火山噴火は、関東・東南海地震に関連ないとは言えない!新たな震源。小笠原〜富士火山帯。

<<   作成日時 : 2013/11/21 19:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小笠原火山噴火は、関東・東南海地震に

  関連ないとは言えない!

ノーマークだった新たな震源。小笠原〜富士火山帯。

(島村英紀・武蔵野大学院特任教授)

1605年の『慶長地震』は、

伊豆・小笠原海溝の大地震だった!!〜新学説〜


ワイドスクランブル、ミヤネ屋より抜粋引用 2013・11・21

ブログランキング・にほんブ ログ村へ



首都直下型地震〜M9クラス〜「地殻変動解析」の専門家が警告!!関東大震災の相模トラフ。




南海トラフ巨大地震来年3月までに来る!3・11東日本大震災の直前と同じ異変。東大名誉教授・村井俊治が警告





首都直下地震、関東で地震多発!【M8クラスの地震起きうる状況】いつとは言えないが!備えを!





ブログランキング・にほんブ ログ村へ



富士火山帯
富士火山帯(ふじかざんたい)は、富士箱根火山帯(ふじはこねかざんたい)あるいは富士箱根伊豆火山帯(ふじはこねいずかざんたい)とも呼ばれ、新潟県西部から長野県、山梨県、静岡県を通り、太平洋上を伊豆・小笠原海溝に沿って伊豆諸島、小笠原諸島へと延びる火山群である。主な火山は北から、新潟焼山、妙高山、黒姫山、蓼科山、八ヶ岳、富士山、箱根山、天城山、伊豆大島、三宅島、八丈島、ベヨネース列岩、硫黄島、福徳岡ノ場などである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E5%B1%B1%E5%B8%AF


「富士山噴火」まであと2年切った!専門家らが危惧 。3・11以降、噴火の予兆とされる山体膨張は加速して



ブログランキング・にほんブ ログ村へ









地球の表面近くでは、「プレート」という、厚さ数10kmから100kmの岩盤(がんばん)のようなかたまりでできています。地球の表面には大きく14〜15枚のプレートがあり、1年間に数cmという速さで移動しています。2つのプレートがぶつかる境目(さかいめ)では、一方のプレートがもう一方のプレートの下に沈みこんだりしています。

このプレートどうしの摩擦(まさつ)が原因で地震(じしん)が起こります。また、プレートどうしの摩擦(まさつ)の結果、岩石がドロドロに溶(と)けてマグマとなって火山から地表に吹(ふ)き出すのです。
http://www.jice.or.jp/quiz/kaisetsu_13.html

ブログランキング・にほんブ ログ村へ









ブログランキング・にほんブ ログ村へ













ブログランキング・にほんブ ログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小笠原火山噴火は、関東・東南海地震に関連ないとは言えない!新たな震源。小笠原〜富士火山帯。 『道草』今日の物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる