『道草』今日の物語

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍晋三【体調悪化説】トランプ来日ゴルフでバンカーで転倒!衝撃映像で露呈!動画あり/薬の副作用が【バ

<<   作成日時 : 2017/11/10 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍晋三【体調悪化説】

トランプ来日ゴルフでバンカーで転倒!

衝撃映像で露呈!

薬の副作用が

【バンカー地獄】の原因か!

ゴルフ場でのヨタヨタした姿!

テレ東以外のテレビ局は封印!

動画あり…



ゴルフで転倒 衝撃映像で露呈した安倍首相の“体調悪化説”- 記事詳細|Infoseekニュース(記事は下記に)




安倍晋三首相 バンカーから抜け出せずすってんころりんwwwwwwwwwwmwmwwm.wzwwm - YouTube


2017年11月10日現在みれます

ゴルフで安倍総理に“事件” バンカーショットのその後に…:ゆうがたサテライト:テレビ東京

テレビ東京ビジネスオンデマンド



テレ東以外のテレビ局は封印? 安倍とトランプ「ゴルフ場アクシデント映像」には両者の本当の関係が - ライブドアニュース(記事は下記に)

フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter


ゴルフで転倒 衝撃映像で露呈した安倍首相の“体調悪化説”- 記事詳細|Infoseekニュース


ゴルフで転倒 衝撃映像で露呈した安倍首相の“体調悪化説”

日刊ゲンダイDIGITAL2017年11月10日09時26分

ゴルフで転倒 衝撃映像で露呈した安倍首相の“体調悪化説”|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

 安倍首相が「会話が弾んで突っ込んだ話もできた」と胸を張ったトランプ大統領との“ゴルフ外交”。ところが、マトモな会話なんてできっこないと思わせる衝撃的な映像が流れ、波紋を広げている。さらに安倍首相の体調不安説まで再燃している。

 政界で話題になっているのはバンカーにハマった1番ホールでの安倍首相の衝撃映像だ。1回ではバンカーからボールを出せず、2回目のショットで何とかバンカーから脱出。

安倍首相は先を歩くトランプと松山英樹に取り残されまいと、バンカーからフェアウエーに一気に駆け上がろうとしたが、バランスを崩して後方にスッテンコロリン1回転。亀みたいに手足をバタつかせて自身がバンカー入りしてしまった。

この“珍プレー”をテレビ東京がニュースで放送すると、ユーチューブに映像がアップされ、瞬く間に再生回数が30万回を超えた。

「官邸側は削除依頼を繰り返しているようですが、クリックが稼げるためか、次々に同じ映像がアップされて消えません。他にも安倍首相がパットに失敗した球をトランプ氏がオーケーして投げ返す際、うまくキャッチできずカラダで受け止める映像などをNHKなどが持っているようです。官邸側は安倍首相が『成功した』と言い張る“ゴルフ外交”の珍映像がこれ以上流出することを危惧しています」(官邸事情通)

 政界が注目しているのは、安倍首相の体調不安だ。ゴルフ場でのヨタヨタした姿、歩幅の狭さ、トランプが投げたボールに反応できないなど、「やはり体調が悪いのではないか」との声が上がっているのだ。

■“珍プレー”の原因は薬の副作用?

 ただでさえ、安倍首相は「潰瘍性大腸炎」という難病を抱え、先月の総選挙前後から「顔がむくんでいる」と不安視されていた。

「安倍首相は特効薬『アサコール』を服用して持病である潰瘍性大腸炎の症状を抑えていますが、最近は強いステロイドも服用している、といわれている。ステロイドには副作用があるだけに、それが体調を悪化させている可能性もあります」(前出の官邸事情通)

 薬の副作用が“バンカー地獄”の原因だったのか――。

「あくまで一般論ですが」と前置きした上で、医学博士の米山公啓氏がこう言う。

「ステロイドの副作用なら精神疾患などもっと強い症状が出るはずで、ゴルフどころではないと思います。ただバンカーで転倒した、上手にボールをキャッチできないといった行動が事実なら、加齢による小脳機能の低下が疑われます。もっとも、これらの機能は筋トレなど定期的な運動で低下を防げます。首相は運動不足が疑われます」

 首相動静によれば、安倍首相は毎月1〜4回のペースでジム通いをして汗を流したことになっている。なのに運動不足が疑われるとは、どういうことなのか。ジム通いはトレーニングのためではなく、施設内で医師と待ち合わせをし、診察を受けているともいわれている。

 安倍首相は一国をつかさどる総理大臣。自分の体調についてもキチンと説明すべきだ。

「スコア以外はすべて発表させていただいた」なんて冗談めかして隠すのは反則だ。



テレ東以外のテレビ局は封印? 安倍とトランプ「ゴルフ場アクシデント映像」には両者の本当の関係が - ライブドアニュース


テレ東以外のテレビ局は封印? 安倍とトランプ「ゴルフ場アクシデント映像」には両者の本当の関係が

2017年11月8日 14時50分

LITERA(リテラ)

 昨7日、トランプ大統領は日本を離れ、韓国入りしたが、日本のマスコミはいまだ"トランプ接待モード"から抜けきれていないらしい。今度は、韓国で起きている反トランプデモや文在寅大統領とトランプの距離感をもちだし、それに比べて安倍首相とトランプ大統領がいかに仲がよかったかを強調する報道を繰り広げた。

 差別主義者の暴君との蜜月をかくも自慢げに語るとは、どういう神経をしているのか疑いたくなるが、この評価に大喜びしたのが当の安倍首相。トランプ米大統領とウマが合う理由かれ、「なんでも率直にオープンに意見を言うのがよかったのかな」などと語ったという(日本テレビ『news every.』より)。

「おいおい、あんたがいったい何を"率直に"主張したのか」とツッコんだのは本サイトだけではないだろう。実際、安倍首相はトランプの主権国家を踏みにじるような言動に一言も抗議できず、「武器を買え」と迫られると、「買います買います」と二つ返事。むしろ、情けないほどの"ポチ犬"ぶりを世界中にさらけ出しただけだった。

 しかも、安倍がこびへつらった相手はトランプだけではない。先に来日した娘のイヴァンカ大統領補佐官と会食した際には、召使いのように会食会場の高級旅館の入り口に立ってイヴァンカを待っていたのである。こんな総理大臣を見たことがあるだろうか。

 マスコミはほとんど報じていないが、実は5日、霞ヶ関カンツリークラブで行われたゴルフでも、2人の関係を物語るシーンが見られた。

 それは、安倍首相がバンカーに打ち込んでしまったときのことだ。2打連続でバンカー脱出を失敗したあと、次のショットでようやくバンカーを抜け出す安倍首相。しかし、トランプは労いの言葉をかけるわけでもなく、「さっさと出せよヘタクソ」とばかりに背を向け、2度軽く手を叩き、スタスタと歩いていく。

 すると、安倍首相は、トランプが苛立っていることを感じたのか、焦って、駆け足でバンカーから出ようとする。そして、ラフに左足をかけた次の瞬間、悲劇は起きた。なんと安倍首相はバランスを崩し、盛大に尻餅をつくと、そのまま後ろにグルリと一回転。バンカーの砂の中に転落してしまったのである。

 いや、おじさんのゴルフではそういうアクシデントは珍しくはないし、別にゴルフ場ですってんころりんしたこと自体をからかいたいわけではない。情けなかったのはそのあとのシーンだった。

 てっきり異変に気づいたトランプが「オーマイゴッシュ! シンゾー、アーユーオーケイ?」と、安倍首相に駆け寄り、手を差し出すものかと思いきや、そんなやさしい素振りは一切なし。バンカーで砂まみれになっている安倍首相を一瞥すらせず、さっさと先へ行ってしまったのである。

 一方、安倍首相は遅れてはならじと、砂まみれのまま、トランプの背中を必死で追いかける。

 6日の晩餐会の挨拶で安倍首相は、アイゼンハワー元大統領と岸信介元首相のエピソードを引き合いに出して「さらに2度もゴルフをするのはよほど好きなやつとしかできない、ではないでしょうか大統領?」とトランプに秋波を送り、ゴルフを通じた友情をアピールしていたが、2人の姿は「友情」どころか、ヤクザの親分につきしたがう三下、大企業の幹部を接待中の中小企業の係長、ガキ大将にくっついている金魚のフン......。

 しかも、深刻なのは、この関係性がトランプと安倍首相が進める日米外交にそのまま反映されていることだ。トランプは日本の立場など一切考慮せず、無茶な要求を次々突きつけ、安倍首相はその要求を丸呑みし、どんな無理難題にも唯々諾々。その追従外交によって、日本の安全が守られるどころか、逆にどんどん危機に引きずり込まれていっている。

 安倍首相はゴルフ場で必死にトランプについていこうとして、すってんころりん、バンカーの底に落ちたが、その姿はまんま、日本の行く末を暗示しているのではないか。

 そういう意味でも、マスコミにはぜひとも、このゴルフ外交でのアクシデントを大々的に報道してほしかったが、しかし、残念ながら、このシーンを放映したのは、確認した範囲ではテレビ東京一局だけだった。他局もテレ東と同じようにヘリを飛ばし、この場面を撮影していたはずだが、得意の忖度が働いたのか、トランプと安倍首相のハイタッチシーンばかり流して、「ゴルフ外交で絆を深めた」などと賞賛報道に終始したのである。

 しかも、冗談で済まないのは、マスコミがネグっているのが、首相のゴルフ場の失態だけではないことだ。連中は、安倍首相がトランプに盲従してやろうとしている対北朝鮮武力行使の危険性についても同じようにまったくふれずに、ひたすら「日米の絆しっかり」などと、持ち上げ続けている。マスコミがこの調子だと、日本がバンカーに転げ落ちる日もそう遠くはないだろう。

(編集部)LITERA(リテラ)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

アベが圧勝しても笑顔がないわけは?実は立憲民主党が比例区では自民党を超えていた!自民党内の反安倍、立憲民主党と連携で「安倍下ろし」も!不正選挙も発覚しそうであるし「親安倍」か「反安倍」かが今後の政局を占う大きなキーワードになっていく!- みんなが知るべき情報/今日の物語



安倍に衝撃!立憲民主に流れた学会票…公明『比例票700万割れ』平和や草の根、立憲民主に学会員が共感!公明、改憲容認なら参院選惨敗も!安倍『9条改憲の危機!改憲に協力したら学会員から完全に見放され、次の参院選で壊滅的な敗北を喫す可能性があります。参院選を考えたら、簡単に9条改憲には乗れない!日刊ゲンダイ- みんなが知るべき情報/今日の物語


武器輸出、安倍政府が資金援助【武器輸出版ODA】で調整!平和より戦争拡大!武器・死の商人=安倍一家!国民を戦争ビジネスの犠牲に!北朝鮮危機で「ツキがまわってきた」と叫んだ安倍晋三! - みんなが知るべき情報/今日の物語


約半数が賛成!極悪非道「安倍・改憲」自衛隊明記に!ANN世論調査/日本国民も狂ったか!それは軍事・戦争国家、徴兵への道! - みんなが知るべき情報/今日の物語




「英ロイター」安倍は選挙に勝ったかもしれないが、多くの人々は首相としての彼を欲していない!的確、すごい見出しの記事! - みんなが知るべき情報/今日の物語


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策の記事も多数あり

『パンと牛乳は今すぐやめなさい』パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳が大好き!小麦のタンパク質『グルテン』の怖さ!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹なども改善!自傷行為や異常行動がおさまった!/小麦のタンパク質『グルテン』の怖さー未消化のグルテンは体内では『異物』だ!臓器を攻撃する抗体ができてしまうー人間の臓器には、小麦のタンパク質とアミノ酸配列が似ているものがある!/人は牛乳のタンパク質を分解できない!中毒を起こすモルヒネ様の物資に変化する!日本人に不足がちな鉄の吸収を阻害する!詳細は本を読んで下さい、お勧めです! - みんなが知るべき情報/今日の物語

末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴ肉の蛋白質が体・細胞を作り、体温を上げ、免疫力を高める!癌細胞は糖質が大好き、糖質、炭水化物の過剰摂取が自律神経を乱し、万病の元!動物性脂肪は脳の栄養!過剰摂取分は排出されます… 脳が疲れたら甘い物はウツの危険!肥満、体の脂肪は糖質の過剰摂取!動物性脂肪を摂取しない『糖質制限』は危険です! - みんなが知るべき情報/今日の物語

フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter



地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍晋三【体調悪化説】トランプ来日ゴルフでバンカーで転倒!衝撃映像で露呈!動画あり/薬の副作用が【バ 『道草』今日の物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる